1. HOME
  2. ブログ
  3. 東三河懇話会の活動
  4. 産学官民交流事業
  5. 2020.08.19 第430回東三河産学官交流サロン

産学官民交流事業

2020.08.19 第430回東三河産学官交流サロン

1.日 時

2020年8月19日(水)18:00~20:30

2.場 所

ホテルアークリッシュ豊橋 5階 ザ・グレイス

3.講 師①

学校法人愛知大学 文学部長・教授 日本中世史専攻 山田 邦明 氏

 ◎テーマ

『戦国時代の豊橋』

4.講 師②

蒲郡市 市長 鈴木 寿明 氏

 ◎テーマ

『未来(あす)の蒲郡に向けて』

5.参加者

74名

講演要旨①

戦国以前(7世紀後半~1499年)、牧野氏の時代-今橋城-(1495年~1544年)、今川氏の時代-今橋から吉田へ-(1546年~1557年)、酒井忠次と池田照政(1560年~1600年)の4つの時代背景に分け、石上遺跡出土の木簡における「飽海評」の記載、安久美神戸神明社の造営、お城をめぐる勢力争いなど、戦国時代の豊橋を詳しく解説。

講演要旨②

令和元年11月に蒲郡市長に就任。自己紹介、蒲郡市の人口(6月1日時点で8万人を割り込む、シティセールスによる人口増加策)、蒲郡の道路状況(国道23号蒲郡バイパス、都市計画道路・大塚金野線)、東港開発(竹島周辺の整備)、新型コロナウイルス感染症支援策(市民生活向け支援)、映画誘致(「ゾッキ」、「空白」)について、プレゼンテーション資料をもとに説明。